口臭対策の方法が1分でよくわかる現役衛生士が教えるサイト

MENU

歯周病はなぜ起こるの?

歯周病とよく耳にしますが正確にどのような病気なのかはあまり知られていません。

 

 

歯周病とは歯茎や歯を支えている骨などの歯の周りの病気の総称です。

 

 

歯周病の原因は?

 

 

お口の中に磨き残しがあり歯と歯茎の境目に汚れが溜まっていくとその汚れに歯周病菌が住み着くため歯茎が赤く腫れたり出血したりします。

 

 

それが歯周病の1つ歯肉炎です。

 

 

そしてその状態からさらにひどくなると歯周病菌がさらに歯の骨までを溶かし始め歯周病の中の歯周炎となります。

 

 

歯の骨が溶けると歯を支えることができなくなるため歯がぐらぐらと揺れ始めます。物を噛むと痛み最後には抜け落ちてしまうのです。

 

 

歯周病はお口の中だけの問題ではなく糖尿病の合併症の1つとも言われ身体への影響もある恐ろしい病気です。

 

 

歯周病を防ぐには?

 

 

歯周病の原因となる細菌はもともと誰のお口の中にも存在しています。しかし磨き残しがあったり歯茎の抵抗力が弱っていると細菌が活発になり炎症を起こします。

 

 

それで歯の周りのケアをしっかりしていれば歯周病を防ぐことができ口臭対策にもつながります。

 

 

歯ブラシやデンタルフロスなどを使用して磨き残しを作らないよう毎日の丁寧な歯磨きを行ない歯周病からお口や身体を守りましょう。

 

 

 

 

トップに戻る