歯周病になると体にはどんな影響があるの?

MENU

歯周病になると体にはどんな影響があるの?

歯周病で悩む人は近年増加傾向にあります。

 

 

歯周病になると体には一体どのような影響があるのでしょうか?

 

 

歯周病になるとまず歯茎の腫れや出血が見られるようになり痛みを感じます。

 

 

この状態をそのまま放置すると歯石が歯にこびりつきさらに歯周病菌が付きやすい状態に陥ってしまいます。

 

 

また歯周病は歯の周りの骨を溶かしてしまうため、骨の周りにある歯茎までもが下がってしまい歯がしみる知覚過敏の症状が出てきます。

 

 

こうして歯の周りの骨が溶かされてしまうと、歯周ポケットと呼ばれる深い溝のようなものができがプラーク(歯垢)が更に溜まりやすくなります。さらにこの状態を放置しておくと歯茎の腫れや痛みは悪化し、膿が出るようになり口臭もするようになります。

 

 

歯を支えている骨が溶けてしまうわけですから、歯はグラグラになり歯並びが悪くなったり食べ物がうまく噛めず痛みが出てきます。そして最終的には歯が自然に抜け落ちてしまうのです。

 

 

歯周病菌自体は特別珍しい細菌ではなく、誰もが口の中に持っている常在菌です。ですからきちんと治療をすればそれほど怖がる病気ではありません。

 

 

しかし放っておくと大変な事態を招く恐ろしい病気なのです。

 

 

特に近年の研究によると、歯周病が他の病気を引き起こす原因にもなるということが明らかになってきています。

 

 

例えば糖尿病がそうです。糖尿病を患っている人で同時に歯周病を患っている人は大変多く、歯周病は糖尿病の合併症の一つとも言われるほどです。

 

 

最近では歯周病が進行した人が糖尿病になったというケースもあるようです。心疾患は食生活や運動などの積み重ねが原因でおこる生活習慣病の一種ですが、この心疾患も歯周病を患う人が発症する確率が高いとされています。

 

 

また妊娠中は歯肉炎をはじめとする口の中のトラブルにかかりやすいと言われていますが、この歯肉炎が悪化して歯周病になることもあります。

 

 

妊婦が歯周病になると、歯周病菌が血液の流れに乗って胎盤から胎児にまで感染し低体重児早産のリスクが高くなると言われています。

 

 

その他歯周病が原因で血糖値が上昇することも明らかになっており、メタボリックシンドロームも歯周病が原因となって起こる病気だと言われています。

 

 

他にも歯周病が原因で起こる病気はまだまだたくさんあります。そのため歯周病を予防すれば、他の病気を予防することにもなるのだと言えるでしょう。

 

 

トップに戻る

関連ページ

歯周病はなぜ起こるの?
【口臭対策の方法が1分でよくわかる現役衛生士が教えるサイト】へようこそ。自分の口臭が気になる人と至近距離で話せない・・・。そんな悩みを抱えている人は大勢います。そこまで口臭がひどくないにしてもみんなあるのが口臭です。口臭は治すことができるのでしょうか?治す方法はあるのでしょうか?そんなあなたの口臭に対する疑問にお答えします。
歯周病で痛みが!その原因は?
【口臭対策の方法が1分でよくわかる現役衛生士が教えるサイト】へようこそ。自分の口臭が気になる人と至近距離で話せない・・・。そんな悩みを抱えている人は大勢います。そこまで口臭がひどくないにしてもみんなあるのが口臭です。口臭は治すことができるのでしょうか?治す方法はあるのでしょうか?そんなあなたの口臭に対する疑問にお答えします。