危険な病気【歯槽膿漏】!どうしてなるの?

MENU

危険な病気【歯槽膿漏】!どうしてなるの?

歯槽膿漏とは歯周病のことを言いますがここではなぜ歯槽膿漏になるのかについて説明したいと思います。

 

 

歯槽膿漏とは歯周病菌が原因で歯を支えている骨が最終的に溶けてしまう恐ろしい病気であり最近では歯周病と呼ばれることが多くなっています。

 

 

歯槽膿漏の恐ろしいところは自覚症状がほとんどないという点です。

 

 

そのため知らない間に症状が進行し気が付いた時には手遅れになってしまっていることも少なくありません。

 

 

なぜ歯槽膿漏になってしまうの?

 

 

歯槽膿漏の初期段階というのは歯茎が赤く腫れたり歯茎から出血する程度の症状であり特に痛みを伴いません。

 

 

中にはムズムズ感を訴える人もいます。

 

 

この段階というのは歯茎が歯槽膿漏の原因となる細菌と戦っている状態であり歯茎が赤く腫れるのはこの細菌が歯茎の周りに残っているためです。

 

 

症状が更に進んで歯石が付くと歯槽膿漏の症状も悪化していきます。

 

 

歯石は血液と唾液から作られているため特に歯茎からの出血が多いところには歯石やつきやすくなります。

 

 

そのうちに歯茎が下がり歯がしみるようになりますがこれは歯を支えている骨が溶けはじめているためです。

 

 

ここまでくると歯槽膿漏はかなり悪化していると言えます。

 

 

歯を支える骨が溶けるとそこには歯周ポケットと呼ばれる深い溝ができそこにさらにプラーク(歯垢)がたまることで膿が出たり臭いが出るようになります。

 

 

そのため口臭もきつくなります。

 

 

また歯茎の腫れに伴って痛みも出るようになり食べ物を噛んだだけでも痛みが出たり歯がグラグラになったりします。

 

 

そのうちに歯並びも悪くなり歯の神経が死んで歯が自然に抜けおちてしまいます。

 

 

このように歯周病は大変恐ろしい病気であり放置しておくととんでもなく大変な事態を招いてしまう病気であると言えます。

 

 

トップに戻る

関連ページ

歯周病はなぜ起こるの?
【口臭対策の方法が1分でよくわかる現役衛生士が教えるサイト】へようこそ。自分の口臭が気になる人と至近距離で話せない・・・。そんな悩みを抱えている人は大勢います。そこまで口臭がひどくないにしてもみんなあるのが口臭です。口臭は治すことができるのでしょうか?治す方法はあるのでしょうか?そんなあなたの口臭に対する疑問にお答えします。
歯周病で痛みが!その原因は?
【口臭対策の方法が1分でよくわかる現役衛生士が教えるサイト】へようこそ。自分の口臭が気になる人と至近距離で話せない・・・。そんな悩みを抱えている人は大勢います。そこまで口臭がひどくないにしてもみんなあるのが口臭です。口臭は治すことができるのでしょうか?治す方法はあるのでしょうか?そんなあなたの口臭に対する疑問にお答えします。
歯周病になると体にはどんな影響があるの?
【口臭対策の方法が1分でよくわかる現役衛生士が教えるサイト】へようこそ。自分の口臭が気になる人と至近距離で話せない・・・。そんな悩みを抱えている人は大勢います。そこまで口臭がひどくないにしてもみんなあるのが口臭です。口臭は治すことができるのでしょうか?治す方法はあるのでしょうか?そんなあなたの口臭に対する疑問にお答えします。
歯周病についての理解を深めよう
【口臭対策の方法が1分でよくわかる現役衛生士が教えるサイト】へようこそ。自分の口臭が気になる人と至近距離で話せない・・・。そんな悩みを抱えている人は大勢います。そこまで口臭がひどくないにしてもみんなあるのが口臭です。口臭は治すことができるのでしょうか?治す方法はあるのでしょうか?そんなあなたの口臭に対する疑問にお答えします。