口が臭い人はどんな対策をすると良い?

MENU

口が臭い人はどんな対策をすると良い?

口臭の主な原因は歯周病や舌苔(ぜったい)の付着だ液の分泌の減少等です。したがってお口が臭い人はお口の中を清潔にすることが一番大切です。

 

 

口臭の対策を紹介します。

 

 

・歯を磨きます(ブラッシング)
自分で毎日歯を磨くことが一番の口臭対策になります。いろいろな歯ブラシや磨き方がありますが一人一人のお口の中の状態は千差万別です。歯ブラシや磨き方は歯医者さんや歯科衛生士さんに指導してもらうのがよいでしょう。

 

ポイントは
・歯ブラシは細かく振動させるように動かします。
・歯ブラシの毛先は歯と歯ぐきの境目にあてます。(45°ぐらいの角度で)
・歯ブラシの向きは歯の位置や外側・内側によって変えます。

 

概して歯ブラシはヘッドの部分(植毛部分)が小さい方が磨きやすいです。それは歯の裏側や奥歯まで届いて隅々まで磨けるからです。また毛先はあまり硬くない方が歯ぐきを傷つけずに効果的に磨けます。歯ブラシの毛先が開いてきたら交換してください。(だいたい1〜2カ月です)

 

 

・歯と歯の間の清掃をします
歯と歯の間には口臭の原因となる歯垢(しこう)が付きやすく普通に歯磨きをしているだけでは十分に除去できません。そのため歯と歯の間の歯垢(しこう)の除去には、デンタルフロスや歯間ブラシをおすすめします。

 

デンタルフロス…歯と歯の間の上の部分(歯が密着しているところ)をきれいにします。加工したナイロンの糸が使用されています。ワックス付きとワックスなしやホルダー付き等いろいろな種類があります。糸の部分を歯と歯の間に通し3〜4回動かします。

 

歯間ブラシ…歯と歯の間の歯ぐきに近い部分をきれいにします。ワイヤー部に細かく短いブラシが付いたものです。様々な太さがあり歯と歯のすき間に合わせて使用します。歯と歯の間の歯ぐきに近い部分に沿って入れ前後に4〜5回ぐらい動かします。歯ぐきを傷つけないよう注意して使用してください。

 

 

・舌の清掃をします
舌苔(ぜったい)は舌の上に付いた垢で口臭の発生の主な原因になります。見落とされがちですが舌苔(ぜったい)を除去するだけでかなりの効果が期待できます。方法はいろいろありますが一番のおすすめは舌ブラシや舌ヘラです。(ドラックストアで市販されています)

 

舌ブラシ…プラスチックの皿の上部に楕円形に毛がついています。毛の部分を軽く舌にあてて必ず奥から手前に一方向のみに4〜5回動かして舌苔(ぜったい)を除去します。使用後は毛に付いた汚れがそのままにならないよう毛束を指でしごきながら水洗いしてください。

 

舌ヘラ…プラスチック製のものが一般的です。舌ブラシと同じように奥から手前に一方向のみ動かします。舌ブラシより強いため3回ぐらいがよいでしょう。また舌に触れる面が平なため舌乳頭間の溝の中までの清掃はできません。

 

歯ブラシでも清掃できますが軟らかい毛先のものでないと舌に小さな傷をつけてしまうおそれがあるので気をつけましょう。

 

 

口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に試した体験レビューも書いているので良かったらそちらも参考にしみて下さい。

 

⇒ 口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に使ってみると・・・

 

 

トップに戻る