朝の口臭が気になります。考えられる原因は?

MENU

朝の口臭が気になります。考えられる原因は?

朝のお口の臭いは普段以上に気になるものです。

 

 

ではなぜ朝は口臭が気になるのでしょうか?

 

 

いくつか原因を考えてみましょう。

 

 

1.はみがきが十分にできていなかった

 

眠る前にきちんとはみがきしたつもりでも、磨き残しがあれば眠っている間に細菌が繁殖してしまいます。特に奥歯や歯並びの悪い部分は歯ブラシがあたりづらく磨き残しが多くなります。また意外と忘れがちなのは歯と歯の間です。表面を一生懸命磨いても、歯の間に食べかすが残っていれば、バイ菌に栄養を与えてしまっているようなものです。また舌に付着している白いものも臭いの原因になります。

 

 

2.放置してある虫歯や歯周病がある
虫歯菌や歯周病菌は歯や骨を腐敗させてしまい悪臭を放ちます。眠っている間は特に口腔内が密室状態になるので邪魔されることなく菌が繁殖してしまいます。しかし残念なことに一度できてしまった虫歯は歯磨きで取り除けません。また歯周病の原因となる歯石などは自分では取れません。

 

 

3.唾液の分泌が減っている
眠っている最中は疲れや飲酒により口の周りの筋肉がゆるんでいたり鼻炎や蓄膿症などで鼻がつまったりして口呼吸になっていれば口が乾燥してしまいます。殺菌をしてくれる唾液の分泌が不足すると口腔内では菌が増え口臭を悪化させてしまいます。

 

 

このように眠っている間は菌が増えやすく口臭が発生しやすい環境になっています。虫歯や歯周病などの治療やお家でのセルフケアや体調管理などいろんな方面からのアプローチで素敵な朝を迎えられるとよいですね。

 

 

同じ衛生士さんで歯周病予防ブログをやっている方がいるので歯周病を予防したい方はそれを参考にしてみても良いと思いますよ。

 

 

口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に試した体験レビューも書いているので良かったらそちらも参考にしみて下さい。

 

⇒ 口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に使ってみると・・・

 

 

トップに戻る