口臭の原因は老化にあるの?

MENU

口臭の原因は老化にあるの?

口臭,原因,老化口臭には様々な原因がありますが意外に知られていないのが老化が原因で口臭が強くなってしまうことがあります。

 

 

ではその口臭と老化についてお話します。

 

 

年齢とともに臭いが強くなる加齢臭がありますが加齢臭には体だけでなく口臭もあります

 

 

以前と同じように歯磨きをしているのに家族に臭うと言われたという話を良く聞きます。これは歯磨きが問題で口臭が強くなっているのではなく老化からくる腸内に原因があります。

 

 

腸内環境が悪くなっている証拠なのです。善玉菌の数が減り悪臭の元となるガスが発生しているので口臭が強くなっているのです。

 

 

もちろんそれだけではありません。

 

 

お口の中の病気も老化が原因で進行しやすくなっています。老化が原因で歯肉が退縮し歯と歯の間が広がります。そうなると食べ物がつまりやすくなり歯垢や歯石が付きやすくなります。

 

 

歯周病が進行し膿がでているところから口臭がでている場合もあります。歯周病は中高年に特に多く口臭の原因の一つです。

 

 

その他にも以前治療したところが虫歯になっている場合などがあります。

 

 

被せた部分の下や隙間に虫歯になるとその部分から口臭がでます。入れ歯やブリッジなどに食べカスや汚れカスがあり口臭が強くなることもあります。

 

 

更に老化が原因で唾液の量が減ることで口臭がキツくなっている場合もあります。

 

 

口の中がネバネバしてきたと感じる時が唾液の量が減っている時です。唾液が減ると口の中の細菌が活動的に働き口臭が強くなるわけです。

 

 

唾液は口の中を綺麗にしてくれる大切な役割があります。その唾液が減ってしまうと口臭が強くなるのです。

 

 

これらのように若い頃にはしなかった口臭が老化とともに強くなるのです。年齢とともにお口のケアの方法も変えていくことが大切です。

 

 

口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に試した体験レビューも書いているので良かったらそちらも参考にしみて下さい。

 

⇒ 口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に使ってみると・・・

 

 

トップに戻る