そもそも口臭はみんなあるものなの?

MENU

そもそも口臭はみんなあるものなの?

口臭,みんなある,親知らず電車やエレベーターで口臭が気になったことはありませんか?自分も臭っているのではないかと思った人も多いと思います。

 

 

そもそも口臭はみんなあるものなのでしょうか?

 

 

口臭がどうして発生するかというと「口の中に生息している菌が食べ残しに含まれるたんぱく質などを分解して臭いの元を発生している」のです。口の中に食べ残しが残っていると口臭が発生するということになります。

 

 

ただ口臭にも色々タイプがあり生理的の起こってしまう口臭。これはみんな誰にでもあるものなのです。『起床時・空腹時・緊張した時』など唾液があまり出ていない状態に菌が増殖し活発になるため口臭が強く感じるのです。寝起きに臭うと感じるのはそのせいです。

 

 

起床時に歯ブラシをしてお口の中をスッキリすると解消されるでしょう。空腹時や緊張時には唾液を出すようにすると菌の増殖を止めることだできます。水を飲んだりガムを噛んだりすると唾液の分泌が活発になります。歯ブラシやうがいも効果的です。

 

 

口臭には他の原因も潜んでいます。

 

 

病的な原因で口臭がする場合があります。

 

 

歯周病や虫歯があると口臭がします。原因となる菌が歯周ポケットから口臭を発生しているのです。虫歯も同様でぽっかり空いてしまった歯の穴に食べ残しが詰まってしまい細菌が発酵して口臭を発生しているのです。

 

 

親知らずからも口臭がでやすくなります。親知らずの周りの歯ぐきには細菌がたまりやすくなっていて口臭の原因となる菌から発生しているのです。親知らずを抜歯すると口臭が治る場合があります。

 

 

そのほか副鼻腔炎や肝臓病など全身疾患が原因で口臭がする場合もあります。

 

 

その場合まずはその病気の治療が先決になります。こうして、病気が原因で口臭がする場合は治療を受けさえすれば口臭は治まる場合があります。

 

 

口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に試した体験レビューも書いているので良かったらそちらも参考にしみて下さい。

 

⇒ 口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に使ってみると・・・

 

 

トップに戻る