口臭予防なら歯と歯の隙間に挟まった食べかすを取り除くことが大切

MENU

口臭予防なら歯と歯の隙間に挟まった食べかすを取り除くことが大切

あなたは歯ブラシの他にお口の清掃道具を使っていらっしゃいますか?

 

 

口臭,予防,対策「歯ブラシ以外使っていません!」
口臭,予防,対策「私は歯の隙間がないから必要ないわ!」

 

という方も多いのではないかと思います。

 

 

それではちょっとここでデンタルフロスや歯間ブラシを通して見てください。くさーくなった物がついてきませんか?

 

 

「え!もしかして私、歯周病!?」

 

 

きっとその強烈な臭いに驚かれた方もいるでしょう。

 

 

それは食べかすやプラーク(歯垢)と言われる細菌の塊です。この強烈な臭いは食べた時に残った食べ物のかけらを栄養にしてお口の中の細菌が分解し作り出したもの。

 

 

沢山の細菌が繁殖している証拠です。

 

 

知らず知らずのうちに細菌にご飯を与えていたとはなんてショックなことでしょう!!

 

 

実はお口の中の汚れを100%とすると歯磨きで取り除けるのは60%程度と言われています。歯ブラシの毛は歯と歯の間まで通り抜けられないですから磨いていても歯の間の汚れは残ったままになってしまうのですね。

 

 

一生懸命磨いているのに残りの40%もの汚れが残っていて歯周病になってしまうかもしれないなんてこんなに残念なことはありません!

 

 

そこで歯の間の汚れを取り除くデンタルフロスや歯間ブラシを使う必要があります。これらを使用することで80%以上の汚れを取り除くことが可能になります。

 

 

ただし「自分に合ったものを正しく使うこと」が大切です。

 

 

間違った使い方をしてしまうと効果が得られないどころか逆に害になってしまうこともあります。何が良いのかわからない時は気軽に歯医者さんで相談してみましょう。

 

 

使用の目安は1日1回ですがまずは無理なく1週間に1回から始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

使い慣れるとそのスッキリ感が気持ちよくてきっと使わずにはいられなくなるはずですよ。そして取り残したところは歯周病になり易い所です。

 

 

半年に一回は歯医者さんでクリーニングを受けお口の中を綺麗にリセットしてあげましょうね。

 

 

口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に試した体験レビューも書いているので良かったらそちらも参考にしみて下さい。

 

⇒ 口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に使ってみると・・・

 

 

トップに戻る