口臭がドブの臭いがする…その原因とは?

MENU

口臭がドブの臭いがする…その原因とは?

口臭が強い方のにおいをよく「ドブの臭いがする」と例えられます。

 

 

この「ドブの臭い」の口臭の元になる物質は、揮発性硫黄化合物(きはつせいいおうかごうぶつ VSC)と呼ばれるものです。一種の揮発性の硫黄化合物です。

 

 

その揮発性硫黄化合物(VSC)の主な成分とにおいの特徴は

 

・硫化水素…腐った卵の様なにおいで口臭ガスの中で一番多いものです。
・メチルカプタン…魚や野菜が腐った様なにおいです。
・ジメチルサルファイド…生ゴミの様なにおいです。

 

これらはお口の中の細菌で特に嫌気性細菌(酸素を嫌い酸素が到達しにくい奥深いところに繁殖する細菌)がタンパク質を分解し腐敗させることによって発生するガスのことです。

 

 

この揮発性硫黄化合物(VSC)の主なガスが合わさって「ドブの臭い」の口臭がするのです。

 

 

揮発性硫黄化合物(VSC)を発生させる細菌は歯垢(プラーク)の中に多数存在しています。歯垢(プラーク)は歯や歯ぐきに付着していますが一番付いているのは舌の表面です。

 

 

舌の表面から根元にかけて見られる白色や黄色の付着物を舌苔(ぜったい)といいます。舌苔(ぜったい)には最も多くの細菌が存在しています。

 

 

全部の揮発性硫黄化合物(VSC)の約60%が舌苔(ぜったい)から産出されるといわれています。

 

 

また歯周病が進行すると舌苔(ぜったい)が増加してメチルメルカプタン(魚や野菜が腐ったにおい)が大量に増え「ドブの臭い」がしてくるとの報告もあります。

 

 

さらに「ドブの臭い」は「くさい玉」とよばれる濃栓が原因の場合もあります。この濃栓はのどの奥の口蓋扁桃によってできるくぼみに表れる乳白色の塊のことです。

 

 

細菌や細胞の死骸食べ物のカス等が固まってできたもので強烈な「ドブの臭い」がします。咳をした時にのどの奥から飛び出してくることもあります。耳鼻咽喉科に行けば除去することができます。

 

 

口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に試した体験レビューも書いているので良かったらそちらも参考にしみて下さい。

 

⇒ 口臭予防に良いと評判のマスティック&アロマを実際に使ってみると・・・

 

 

トップに戻る